スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型犬用車椅子の作り方10

2.4 最低必要な工具を用意する

1.電気ドリル(100ボルト電源の安い物でOK)
1500~3000円…平均2000円

2.鉄工用ドリル 3ミリ2本セットで480円
2.4の小計2480円

写真ののような「鉄工用ドリルセット」が、
500円以下で販売されている店もある。


10_20150801215016f84.jpg
関連記事
スポンサーサイト

小型犬用車椅子の作り方 9

2.2 梱包資材売場でテープを入手する

4.結束テープ G-606(幅2.5 長さ55cm)下写真
先端部がマジックテープ オスで
本体はボア面(ボサボサ面)のもの。1本……128円

5.マジックテープ オス(幅2.5cm 縫製用)
切売り10cm 35円 30cm必要…105円

09_20141225221117a2d.jpg

2.3 100円ショップで次を入手する

6.洗濯ネット 100円

愛犬下半身の体重を支える部分である「サドル」の材料。
60×60cmくらいの大型の物で、亀甲メッシュのものを選ぶ。
糸が太くてほつれないし、取付けの穴もあけなくて済む。
入手しやすく工作簡単、乾燥迅速なものを選んであるが、

強度は布地よりは劣るので、できれば丈夫な合成繊維や
デニム等の布が良い。

10.jpg

ちなみに、このネットの穴の破断抵抗力はテストの結果
3.5kgであった。二枚重ねなら6kg、フレームへは計6箇所
で取付けるから、合計では6×6=36kgの体重に耐えられる
計算になる(各取付穴に平均に荷重がかかるとすれば)。

ワンチャンの下半身体重が3kgとすれば12倍の強度である。
したがって1枚でも十分にもつ計算になるが、走り回れる
ような元気なコには、劣化が早いので2枚重ねをすすめたい。
 1~6の小計825円


関連記事

小型犬用車椅子の作り方 8

2.1 骨組(フレーム)材料(写真参照)を入手する。

ホームセンター(工作室のある店が良い)の水道用配管部材売り場で、下記部品を購入する。
部品には黒とグレーがある。価格は少し高いが強度と美観上、黒の方を選ぶ。(価格は店によって違う。以下はすべて消費税抜きの価格である。)

1. HI継手チーズ13(黒色)…2個……58×2=116円
2. HI継手エルボ13(黒色)…2個……48×2=96円
3. HIパイプ13(黒色)…2メートル1本(予備含む)……280円

8.jpg


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。